トレーサビリティ体系図とは何か

なにか測定したときに数字として表示を疑ったことがあるでしょうか。例えば、身長を測ったら縮んでいたとします。普通に考えたらありえないような気がします。測定器が壊れていないかと疑いたくなると思います。そのように表示される結果に誤差がないようにするのが校正です。校正は正しいとわかっている基準と比較して誤差がないかを確認します。もし誤差があれば、表示結果は嘘と言うことになります。校正前に測定したものは全て嘘の結果で記録されたことになります。もし、その結果で選考から外れるようなことがあったら一大事です。だから校正をして正しい結果を表示し続けることは大切なことです。その正しさはどこまで確認すれば安心できるでしょうか。それを一目稜線にするのがトレーサビリティ体系図です。

計量結果を保証するための体系図

校正は正しいとわかっているものと比較して誤差を確認することです。正しいとわかるためには何が必要でしょうか。それは校正です。比較の元となる校正指標もそれよりも正しいとされる指標と比較して誤差を確認されています。では、どこまで辿ることができるでしょうか。最終的には国家計量標準に行き着きます。国家計量標準を一次標準として計量法で規定しています。一次標準で構成されたものを二次標準と言います。その二次標準で校正したものが実用標準や参照標準と呼ばれるものです。一般的に試験機関に校正を依頼したときに校正元として使用されるものです。このように国家計量標準まで校正された経緯がわかるように体系的に表示されたものがトレーサビリティ体系図です。測定に使用するききの正しさが系統として確認できます。

体系図を使って正しさを示すと言うこと

最近では品質や環境のマネジメントシステムの改訂により、いろいろな結果に対してその根拠を確認することを求められる場面が増えてきました。本当に正しい値なのか証明しなければいけないと言うことです。値の正しさは、その値を測定した測定器の正しさや使い方の正しさを証明することです。測定器の正しさは校正証明書を提示することで行います。それでも校正結果が疑わしいと思われた場合に、その校正の正しさを証明する必要があります。それがトレーサビリティ体系図を利用する目的です。正しく国家計量標準に紐づいていればそれ以上の正しさはありません。もし校正証明書にJCSSのマークがついていればトレーサビリティが保証されている証明書になるため、体系図を示すのと同じ効力があります。”

JEMICでは絶縁用保護具・防具の定期点検を実施しておりますので、是非ご利用ください。 ただいまお得なキャンペーンにより特別料金で提供していますのでお気軽に見積もりのご相談承っております。 当社の強みは、電気メーターや計測器の検査や検定を技能資格を持つ担当者が中立的な立場で公平に行っている事です。 トレーサビリティ体系図を見てみよう